08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

本日の落書き

2017年06月22日
DC6_xziVYAAVEQt.jpg

本日の落書き。『艦これ』より吹雪。ショートパンツ。最近はスカートよりもショートパンツの子が多い気がする。

今回から下書きを青いシャーペンの芯で書いてみました。コピー機などでは青いシャーペンの芯で書いた部分は色が飛ぶので、ペン入れした部分だけが残るなんて言うので、スキャナーではどうだろうとやってみたところ、かなりペン入れした部分以外はかなり色が飛びました。

これでトレース台をわざわざ使うことなく、下書き~ペン入れができるので目にも優しいのではないかと思います。
反転した絵を確認するときには、トレース台を今後も使いますが……。

以前はうまい人の模写やアニメの模写をよくしていましたが、最近は2次元の模写だとコピーのコピーみたいな感じがしてあんまりそそられない。色塗りなどは参考になりますけど……。

本物の人間を見ながら描いた方がリアリティ(実在感)が出るというか、肉感が出るというか……。

とにかくこれからは楽に絵を描けるようにがんばります。
●疲れが抜けない

 同人誌制作と同じように、先週まで頑張りすぎたせいか、すっかり気が抜けてしまっています。

 それでも仕事があればやるんでしょうが、今は何もない状態ですからね。

 夏コミの新刊制作もありますが、なんていうか相変わらず自分のためだとだらけてしまいます。

●古い同人誌の手直し

 やっぱり古い同人誌の手直しは楽しくないですね。

 自分の絵の下手さをまざまざと見せつけられる気がして。

 その割には大したお金にもならないですしね。

 これで最後にしようと思います。

●クリスタの原稿を見開きで書く。

 Twitterで漫画を書く効率化として見開きで2ページ毎に作業をするというのがあって、「おっ。これは便利」と思って試しています。

 やっぱりアナログとは違って漫画を書くときにいちいち各ページを読み込んだり、いちいち同じトーンのフォルダを各ページにつくったり、セリフ入れをしたりする作業が地味に面倒なんですよね。

 今後は少なくとも2ページ毎に作業するのでだいぶフォルダの管理などが楽になりそうです。

●少しお金が入ってきた。

 コミ1で出した新刊などの売り上げがようやく入ってきました。

 おかげで、目減りしている貯金が少し戻りました。

●結果が出るには時間がかかる

 あらためて結果が出るには時間がかかるものだと思います。

 それが大きいものであればあるほど時間がかかります。

 同人誌なんて、制作して入稿したら1週間かそこらでイベントが開催されます。

 でも、商業や規模が大きくなればなるほど時間がかかります。

 例えば、アニメだって、たった三ヶ月しか放送しないのに、企画や制作は2年も3年も前から始まるわけですし、映画ならたった120分のために、もっと時間がかかります。

 ドラクエシリーズだって制作に4年~5年以上はかかるわけですし、FF15なんて10年以上制作に時間がかかったのではないでしょうか。

 ラノベだって某出版社は発売3ヶ月前には完全原稿になっていなきゃいけないなんて話もありますし、企画から始めたら一年以上前から始まっているでしょう。

 そんなふうに、とにかく大きな結果が出るまでというのは、とかく時間がかかるものです。

 昨年大ヒットを飛ばした某映画監督も自主制作の短編アニメが評価されてから、昨年の大ヒット作品を生み出すまで10年はかかっています。
 それまでもアニメ映画はつくっていましたが、まだまだマイナーであり、コアな映画監督という位置づけでした。

 だから、何が言いたいかというと、若いうちからとにかくいろんな種まきをしておくべきだということです。

 種が芽吹いて成長するまでには時間がかかります。

 いきなり大きな結果は出ません。だから、失敗したように見えて、実は忘れた頃にやってきます。

 今年友人から紹介していただけた仕事は本当に楽しかったし、やりたかったことではありますが、それは自分の行動や活動を友人が見てくれたからであり、そこにたどり着くまでに5年かかっているわけですよ。

 そして、今年やったお仕事の一部が形として世に出るのは、まだまだ時間がかかります。

 そんなふうに、とにかく時間がかかります。

 20代のうちに蒔いた種が30代で発芽する、30代で蒔いた種が40代で発芽する。

 でも、人生は有限ですから、種まきが遅ければ遅いほど、ブレイクした後の残りの人生が短くなります。

 まあ、アンパンマンのやなせたかし先生や、ゲゲゲの鬼太郎の水木しげる先生みたいにその分、長生きをすればよいですが、だからといって両大先生が若い頃に何もしていなかったわけではなくて、その頃からしっかりと土台を作り続けていました。

 そう考えると、とにかく今やれることをどんどんやっておかないと、結果が出る頃にはおじいさんになっているわけです。

 今日から本気を出したからといって人生がすぐに変わるわけではなく、結果が出るのは2年後3年後です。

 もしかしたらもっと遅くなるかも知れない。

 それはもうこちらが焦っても急かしても、自然の摂理なのでどうしようもないことだと最近は諦めております。

 だから、もう蒔いた種のことは忘れて、新しい種を蒔くことに取り組んでいくしかないのです。
 
 そう考えると、やっぱり心が折れたとかなんとか言って腐っていないで、どんどんいろんなことに再挑戦するべきだったなあ、あるいはせっかくご依頼していただいた仕事を自信がないとか言っていないでどんどんやるべきだったなあ、と後悔と反省をしております。
お絵かき

Firefox3 Meter 渡さんの鑑賞メーター