落書き

マンガっぽいもの
02 /10 2016
ごちうさ本
サンクリ用ごちうさ本サンプル1。
絵柄はかなり原作の絵柄を意識していますが、いかがでしょうか?
艦これのときよりもトーンを少なくしています。

艦これは水雷戦隊クロニクルを参考にしていたのですが、その作品は作画も書きこみもトーンも凄まじいことになって、自分のレベルの遥か上過ぎて、とてもついていけなかったので、今回はシンプルな形を目指しています。

いや、ごちうさはごちうさでとても書きこみも絵柄も素晴らしいのですが、絵柄は四コマらしくシンプルなので、まずはトーンに頼らなくても漫画として読めるものを目指しています。

最近、毎回背伸びしすぎて最後は息切れを起こしているので、もっと手軽に漫画が描けるようになりたいです。
これでも結構大変ですが。
でも、自分としてはやっぱりこういう作品の方が向いているのかもしれませんね。
少年向けど直球の王道作品も好きなのですが。



気持ちに体がついてきませんな。
前もついてきていなかったけど。

もっとどんどん作品をつくってれべるアップしたいのですが、なかなかできません。
あとは、できるようになると、自分のやっていることに価値がない気がしてくるのも困りものですな。

となりの芝生は青いからといってまた移り変わっても、またゼロからのスタートになるので、今いる場所で全力を尽くしつつ、自分の夢に向かって今できることをボトムアップで取り組んでいくしかありませんな。

いきなり上がるのは大変だし、崩れるのも早いけど積み上げたものは、時間はかかるけど、崩れにくい。
人生は競争ではないので、死ぬまでに夢に手が届けばいいです。
それまでは、精いっぱい頭を使いながら目の前のことに取り組みます。

大河渡

シナリオライター兼イラストレーターです。
Eメールはwataru_cafe☆hotmail.comまでご連絡ください。☆を@に変えてください。
コンシューマゲーム~ソシャゲのシナリオ、同人音声の脚本など幅広く執筆しています。
同人活動もしています。