07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

落書き

2012年09月14日
ストパンリク絵

落書き。ストパンのリク絵の線画。
もうゴールしてもいいよね?ってくらいに書いた。
ここから色を塗るのを想像するだけでうんざりしてくる。
まあ、プロからしたら大したことがないかもしれないけど、まだまだ素人の自分にはしんどいです。

今年2回の同人活動を経て、ようやく己の力量というものを少しは思い知ることができました。
画力もさることながら、とにかく書くのが遅いというのが問題なのです。
夏コミは二冊出したいと思いながらも、結局は一冊しか出すことができませんでした。
プロの絵師さんは、(仕事を抱えながらも)二冊出されたり同人誌と一緒にグッズも出されたりしているのに、自分は結局、1ヶ月半もかけて一冊しか出すことができませんでした。

ただ、なんていうか、一冊一冊限界以上のものは出しています。
サンクリは当初は一月頃に書いた色気もへったくれもない表紙で出す予定でしたが、いろいろなイラストレーターさんの塗りやポージングなどを研究して、あの段階まで持って行きました。
ただ、時間の関係で、本当は鬼ちよモードでのHシーンも載せる予定でしたが、結局、間に合わず、せめてコピー本で出そうとしましたが、それもクオリティが低くて出せませんでした。

そんないぬぼく本と夏コミの新刊では、どこが一番違うかといえば、背景が増えたこと。
前回は背景なんか描く余裕はどこにもなかったわけですが、夏コミの方は少しずつ背景を加えていきました。

優しい方からは「大河さん、成長していますよ」と励ましの言葉をいただくわけですが、毎回毎回書くのでいっぱいいっぱいで、ちっとも余裕がありません。自分の理想は遙か彼方です。

結局、何が言いたいのかと言いますと、もうサンクリの原稿などで余裕がないのです。
さすがに今回は予算の関係で、カラー口絵は出せませんが、その分マンガが増えます。
しかも、今自分がイメージしている物語は夏コミなんかよりも遙かに背景を必要としています。
今までのようにベッドでいちゃいちゃするだけではないのです。

もしかしたら少しずつマンガを描く速度は速くなってきているのかもしれません。
けれども、新しい課題も同時に次から次へと増えてくるので、ちっとも描く速度が速くなっている気がしません。
ひとつひとつ終わらせるたびに、「今度はあんなのが描きたい」とか「こんなのが描きたい」とかいろいろな欲が出てきて、その欲がまたハードルが高いのです。

もっと楽に描けばいいじゃないか、と思うんですけど、なんていうか、やらずにはいられないんですよねえ。(^_^;)

そんなわけで、また突然更新が途絶えるかもしれませんが、そのときは「修羅場ってるんだなあ」と思ってください。

さらには、こういうときに限って、またいろいろと予定があるので、年末まではがむしゃらにがんばります。
お絵かき

Firefox3 Meter 渡さんの鑑賞メーター