11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

コミックマーケット83お疲れ様でした!

2012年12月31日
 コミックマーケット83お疲れ様でした!!
 当サークル檸檬亭にお越しの方々、同人誌を購入してくださった方々、本当にありがとうございました。

 今回も嬉しいこと・失敗したことがたくさんありましたのでそれぞれにまとめて書きたいと思います。
>>続きを読む・・・
雑感

コミックマーケット83情報

2012年12月31日
12月31日開催コミックマーケット83(ト39b)頒布本情報
※通常の記事はこの下になります。
※予告なく変更する場合があります。
■C83のお品書き
お品書き1

>>続きを読む・・・
お絵かきカラー

落書き

2012年12月06日
アスナ
冬コミの口絵の一部。ソードアートオンラインよりアスナさん。
実はこれで打ち止めです。もうストックがありません。
締め切りまでもう時間がないのに……。(T_T)
今回も同人誌の表紙は背景無しになりそうです。

個人的には背景をつけて書き込みたいんですけど、どうもタイトルロゴと背景とキャラがかみ合ってこないんですよねえ。
もちろんキャラだけで白バックは寂しいから背景をつけるわけですが、さらにロゴまで入ってくると絵がごちゃごちゃしてくるんですよねえ。
ラノベの表紙は白バックが多いですが、あれも背景を入れると、女の子がかすんでしまうからなんでしょうね。
カントクさんの同人誌なんか背景とタイトルとキャラが融和してるすごいデザインの作品があるんですけど、まだまだ自分はそんなレベルにはありません。
そんなわけで、今回は口絵の方で背景を入れてみました。

これもまたどこまで書き込むかとか色とかで結構悩みました。
この下のイラストも、朝のお目覚めに「おはよ」って彼女がそばで見ててくれる、みたいなシチュを考えて書いたわけですが、なかなか朝っぽくなってくれなくて困りました。(^_^;)
朝焼けっぽい感じを出したかったのですが、暖色系でまとめたら夕焼けっぽくなったり、青系統でまとめたらなんだか雨が降ってるみたいな背景になったり、アスナは白系統だから白でまとめたら絵が平面的になったり、朝の強い光を表現するために陰影を深くしたら部屋の中がやたらと暗くなってしまったり、逆に陰影を浅くしたら、朝ではなくて昼間になってしまったりとかなり四苦八苦でした。

ポージングや構図もなかなか決まらずに何枚もボツ画が出てしまいました。
「朝起きたときに恋人がコーヒーを差し出してくれる」ときの最大限にエロかわいい構図とは何かとさんざん四苦八苦しました。結局無難なポーズになってしまいましたが……。(^_^;)
起きたときに見つめてくれてる彼女の顔を一番に見せたいけれど、エロ同人誌だからエッチさも出さなければいけない、けれどいろんなポーズを書いても、あっちを書けばこっちが見えず、と言うジレンマに悩まされました。
尻をメインにすれば、胸や顔があまり見えず、胸や顔を前に出せば尻が見えず、なんてことに悩んでいました。
なかなか女の子の魅力を余すところなく引き出したポーズは難しいです。(^_^;)
お絵かきカラー

落書き

2012年12月05日
直葉

冬コミの口絵から直葉の一部。
まだ未完成です。
SAOのキャラは前髪ぱっつんキャラが多いのですが、前髪ぱっつんは結構苦手だったりします。
なかなかかわいくならないんですよねえ。

わたしの絵はまわりの方々から「柔らかい」とか「優しい」といった評価をいただいていて、だからこそ女性の方にも(多少)受け入れていただけてるようなのですが、個人的には萌え系ではなく、もっと男性向けっぽい絵柄を目指してるんですけどねえ。萌え系にしても、他の男性向け萌え絵師に比べると、妙に淡いというか、柔らかというか、そんな感じの絵柄になってしまっています。

でも、男性向けに色を濃くしてみると、陵辱系のエロゲーか、いかにもの成年向け漫画っぽくなってしまったり、アニメ塗りっぽくすると、妙に色気が足りなくなってしまったり平面的な絵柄になってしまったりするのです。

それで、自分の感性に従って書いてみると、妙に柔らかいというか、淡いというか、優しいというか、少女漫画風というか、そんな感じにどんどんになってしまうのです。

同人誌の内容も、男性向けエロというよりは、ストーリー性を織り交ぜたり、エロシーンが短かったりするせいか、一部の身内から「女性向けエロっぽい」と評されることもあります。

別に男性向けエロは好きですし、女の子の体は書いてて楽しいけれど、直接的なエロはなぜか書いてても楽しくないし、エッチばかり書くのも楽しくなくて、そこまでの過程が大事というか、いろんな女の子の表情やカップルのドキドキの方が書いてて楽しい……(以前も書いたので割愛)。

そんなわけで、物書きどころか絵描きをやっても中途半端なレベルで、男性向けにもなれない女性向けにもなれない中途半端な立ち位置ではあり、「もっと男性向けを意識してください」なんて以前さんざん編集の方にもご指摘を受けたり、「中途半端はよくない」などとまわりの人たちから言われたりして、なるべく男性向けにしようとしたけれど、うまくいかなくて、逆に作品が破綻してしまいました。

今後自分が書きたい方向性もふまえて、もっと男性向けによりたいと思ったけれども、絵に関しても、やっぱり中途半端な絵柄になっています。

ただ、最近はもう開き直ってきてもいます。これが自分の持ち味なのかな、と。
ラノベも絵も漫画も何をやっても、自分を変えることができないのなら、それこそが自分の個性なのかもしれない、と思ったわけです。だったら、もうそんな自分を受け入れるしかないかな、と。

これから先はどうなるかわかりませんけれども、今は自分の直感や感性に従って書いていきます。
お絵かきカラー

落書き

2012年12月03日
リーファ

冬コミの表紙の一部からリーファ。
今年1年アホみたいに絵を描いていたせいか、少しは書くのが早くなってきたのですが、書くのが早くなったら早くなったで、書きたいものがどんどん増えてくるのが困りものです。
これではまた締め切りぎりぎりになってしまいそうです。
今年の同人活動の収支を計算したら、印刷代がすごい出てるのが困りものです。
早く入稿してれば、とっくに黒字になっていたんですけどねえ。
もっと早く書けるようになりたいです。それから、もっとうまくなりたいです。

お絵かきカラー
 | HOME | 

Firefox3 Meter 渡さんの鑑賞メーター