いぬぼく落書きまとめ

お絵かきカラー
03 /24 2012
「いぬぼく 同人誌」「妖狐×僕SS マンガ」で検索をくる人が多いので、一度今現在自分が書いたいぬぼくのイラストをまとめてみます。
 こちらには載せられない大人向けのものもあるので、そちらはpixivの方でご覧下さい。
 以下にまとめてみました。
下に行くほど古いイラストとマンガです。
サムネはクリックすると大きくして見られます。
 いぬぼくの同人誌は現在サンクリ55に向けて鋭意制作中です。
同人誌「ご主人様×僕」
委託販売終了につき、以下のサイトで電子書籍をDLできます。
DLsite.com
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ125600.html
DMM
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_063828/
メロンブックスDL
http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000168149

同人表紙5
同人誌本文2-6
同人誌本文1
以下:今まで書いたもの
201203132.jpg
2012031102.jpg
201203102.jpg
りりちよ姉様と一緒
01.jpg
同人誌挿絵1
20120229065614a14.jpg
同人表紙6
001.jpg
20120122.jpg
通販はこちら「とらのあな

続きを読む

落書き

マンガっぽいもの
03 /20 2012
同人誌本文1
とらのあな委託
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/03/83/040030038391.html
イベントに向けて、こんなマンガを書いてます。いぬぼく(妖狐×僕SS)本です。双ちよメインです。
女の子に対して暴力をふるったりなじったりする作品は大嫌いですけど、愛あるいじめ(困らせるなど)は大好きなのですよ。あっ。いくら愛があるとはいえ、ゆがんだ愛(ストーカーなど)はダメです。

最初はりりちよと蜻蛉の仲を疑った御狐神君が暴走する話を思いついたのですが、御狐神君の嫉妬があまりにも重くなって、書いている自分がどん引きしたのでボツ。
1巻から4巻までの御狐神君が嫉妬したら本当に怖いと思います。
ああ、今気づきましたけど、御狐神君はやんでれタイプだと思います。
御狐神君にはあくまでもライトな変態でいてほしいのです。

自分はどうも1巻から4巻までの御狐神君が苦手で、5巻からの御狐神君が大好きなのです。
たぶん5巻以降の裏がある感じ(ミステリアスな感じ)が好きなんだと思います。

落書き

お絵かきカラー
03 /16 2012
201203161.jpg
201203162.jpg


落書き。6年前に書いたセイバーです。あと、おまけは3年前に書いたミニセイバーです。比較的見られるイラストだったので、アップいたします。そのほかのイラストはとてもとても見られたものではありませんでした。(^_^;)
塗りはほとんど変えていませんが、目がやたらと大きかったので、目元だけ修正しました。もっとまじめに書いていれば、今頃もっともっとうまくなっていたのに、と思うと悔やまれます。これからはそんなことがないように書いていきたいです。

落書き

マンガっぽいもの
03 /13 2012
201203131.jpg
201203132.jpg


漫画っぽいもの。妖狐×僕SS。
こんな単純な漫画なのに、徹夜したり三回も書き直したりしてしまった。
漫画書くのって本当に大変よねえ。
個人的には髪の黒ベタがきれいになってきたかな、と……。

落書き

マンガっぽいもの
03 /11 2012
2012031101.jpg
2012031102.jpg


漫画っぽいもの。妖狐×僕SS。
以前に比べれば、4コマ漫画の発想がしやすくなりました。
以前はやたらと話が広がってしまって、4コマ漫画にならないんですよね。
もはやストーリー漫画になりそうな勢いになってしまうのです。
そして、ストーリー漫画を書こうとすると、今度は話が広がりすぎて、ライトノベルにした方がいいんじゃね、くらいの勢いになってしまうのです。
そんな話をしていたらまた長くなりそうなのでこの辺で……。
まあ、またこんな風に落書き程度に4コマ漫画を、これからもあきるまで書いていきたいなあ、と思います。

落書き

マンガっぽいもの
03 /10 2012
201203101.jpg
201203102.jpg

漫画っぽいもの。妖狐×僕SS。
頭に唐突にふってわいたネタを書いてみました。
りりちよ様はきっとお姉ちゃんと呼ばれることが好きだと思って書いてみました。
原作には妹がいますが、あまりお姉ちゃんらしいことはできなかったのではないかと思い、その思いがショタミケに暴走しそうな気がします。またネタがわいたら書いてみたいと思います。
最初ベタをしたときに、ミケがオッドアイだとすっかり忘れてました。(^_^;)
漫画はサイズがでかいのでサムネにしてます。
ご覧いただきたい方はサムネをクリックしてください。
別に有料サイトには行きません。(^_^;)

大河渡

シナリオライター兼イラストレーターです。
Eメールはwataru_cafe☆hotmail.comまでご連絡ください。☆を@に変えてください。
コンシューマゲーム~ソシャゲのシナリオ、同人音声の脚本など幅広く執筆しています。
同人活動もしています。